ハワイには日本だけでなく世界中から観光客が訪れ、2012年には過去最高となる約800万人の人々がハワイに訪れたといわれています。
日本人にとってのハワイの魅力は、アメリカとしては治安が良く、温暖な気候と、自然災害が少ないこと、そして日系人と日本人が多く住んでいるため、日本語もある程度使用できることです。何度かハワイを訪れるうちに、住みたいという気持ちになった人も多いかと思います。
ハワイに不動産を持つメリットはもちろんハワイに住めることもありますが、同時に、売却したり、利用していない期間はバケーションレンタルとして貸し出すことで利益を生むことができることです。
2008年のリーマンショックでアメリカ不動産の価格が急落した中でもハワイの不動産はあまりその影響を受けず安定した価格を維持しています。また、先に述べたようにハワイは世界中から観光客が訪れる人気の場所であるため、需要が多く売却やレンタルが比較的容易にできるのが特徴です。不動産投資が目的なら条件のいい物件を所有していい状態を保っておくことで、売却時のリスクも少なく効率的に収益を上げることができます。
アイリアルティでは、ハワイに住みたい、不動産投資として所有したい、住みながら収益も得たいなど、ハワイに不動産を購入する目的にあわせて最適な物件選びをお手伝いさせていただきます。
なお、不動産投資としての購入をお考えの方は「不動産投資」の項目もあわせてご覧ください。

ハワイにおける物件額の推移

なぜ、ハワイの不動産をお薦めするのか。それは、日本の不動産と異なり、アメリカ、特にハワイの不動産は不動産価値が値崩れすることはほとんどありません。過去データの図を参照してもわかるように、1987年から現在までの売買価格の変動を見ても、横ばいと上昇を繰り返し、大きく下降するということはありません(赤い折れ線グラフがコンドミニアムの売値の変動となります)。
このように、不動産投資をお薦めする理由の1つにはハワイ不動産の特殊性が重要であると考えております。

msr_apr2014

ご購入までの流れ

01 ご相談 お客様のご要望内容をもとに当社の担当者が物件を複数選定いたします。
02 物件の下見 ご希望に沿った物件を担当者が直接ご案内いたします。
03 ご購入のお申し込み 売り手に購入の意思を書面にて伝えます。
04 お申し込み受理(受諾) 売買条件の交渉が合意後、お申し込みが成立します。
05 ファーストデポジットの支払い お申し込みの契約書と合わせて、エスクローを開設します。
06 インスペクション お部屋の状態をプロの査定士がチェックします。
07 ディスクロージャー 物件の開示情報をもとに交渉を行います。
08 セカンドデポジットの支払い ここまでの交渉が成立後、2回目の手付金(デポジット)を支払います。
09 タイトルリサーチ 物件に関する名義の調査を行います。
10 登記に署名 登記書類の交渉手続きを行います。
11 残金の支払い 残金の支払いをします。
12 クロージング 鍵の受け取り、物件のオーナーになります。

アイリアルティでは、ハワイの不動産売却を、無駄なく最高の条件をもって取引が行われるように各部門の専門スタッフと共に事前の準備、および販売活動をいたします。オーナー様にはその都度、報告・連絡や相談などを確実に遂行いたしますので、直接ハワイにお越しいただかなくても安心して売却手続きを行う事が可能です。
また、できるだけ安価で物件を購入し、修繕やリフォームを行い、売却時に差益を得る”フリップ物件”としてのアドバイスもおこなっております。
なお、売却にともなう税金の問題や、その他の専門分野に関することに関しては、弊社のビジネスパートである、弁護士や会計士などのご紹介もいたします。

ご売却までの流れ

01 ご相談 お客様のご要望内容をもとに当社の担当者が物件の売買条件をご提案いたします。
02 物件の査定、および価格と条件の設定 物件のコンディションを確認し、価格および条件をご提案いたします。このとき、必要に応じて物件の修繕・修理や清掃、またはステージングをおこないます。
03 物件の販売 売却準備が整い次第、MLS(ネットワークシステム)や広告宣伝、あらゆる販売網を駆使して物件の販売活動をおこないます。
04 ご購入のお申し込み 購入希望者より書面にてお申し込みされます。条件が合わなければ交渉に入ります。
05 お申し込み受理(受諾) 売買条件の交渉が合意後、エスクローを開設します。
06 物件情報の開示 物件に関するすべての情報を買い主に提示します。
07 物件名義の調査 物件のタイトルリサーチをおこないます。
※タイトルリサーチ:タイトルリサーチ会社へ依頼を行い、正式な名義調査レポートを発行してもらう。
08 シロアリチェック 物件のターマイトチェックをおこないます。
※ターマイトチェック:専門家がシロアリの有無を確認(売り手負担)。
09 登記の署名 登記書類(名義変更)の交渉手続きをおこないます。
10 物件の引き渡し 売却金を受け取り、手続きが終了します。

ページのTOPに戻る