最近では景気が上向き始めていると言われていますが、まだまだ緩やかで安定した生活が送れる日は遠い先のように感じられます。先行きが見えない不安な将来に向けて、アイリアルティでは、ハワイの不動産を所有することでご自身の資産を上手に運営し、”増やす”ということに真剣に取り組んでおります。
最初に、日本の不動産とアメリカの不動産の違い、さらに観光地として発展し続けるハワイの不動産についてご紹介します。

アメリカは市場の取引制度が成熟している

1. アメリカは、先進国では数少ない人口が増え続けている国

→ 確実に需要があり、中古物件の売買が盛んであるため、資産価値が下がりにくい

2. 不動産売買に関する法律が正確でシステムが確立していてる

→あらゆる情報が公共機関で公開されオープンであるため、売買において不正がない
→買主保護制度が確立されていているため、大幅な損益となることはない

3. 不動産関係の専門家が多いので知識がなくても購入できる

→代行業者に依頼して遠隔地(日本)からでも物件状態を把握、売買できる

ハワイの特殊性

1. 地理的、気候的条件、治安が良い

→世界中からの長期滞在者(語学、お稽古留学生)、日本企業の駐在員が多い
→世界有数の観光地のため、不動産変動が安定してリスクが少ない

2. 日本語がある程度通用する

→環境の良いハワイで(老後)生活が送れる

3. ハワイの現状と今後

→為替、不動産動向は今がチャンス
→今後3年以内にコンドミニアム、デパートなどが多数建設予定
→絶対人口の増加

日本との違い

1.日本は物件の価値基準が築年数に依存=「Scrap and Build」発想

→築年数が古くなると物件価値が下がり、賃貸収益と築年数による物件価値の減価との駆け引きが利益の基準となる

2.アメリカの基準は実際に「使えるもの=資産」

→修繕を加えて使えるなら資産と見なされるので資産価値がゼロになることはない

3.減価償却費が日本よりも高く設定できる

→日本では建物20%、土地80%に対し、アメリカでは建物80%、土地20%

一般的なデメリット

1.利回りが低い

→物件価格が高く、家賃が安い
←ギャンブル性が少なく安定性がある

2.遠距離のため、監視ができない

→管理監督ができない、突発的な事態(水漏れ)などの苦情
←アイリアルティが管理、対処

 

 

 

ページのTOPに戻る