【円高・ドル安の今は物件購入のチャンス】

【円高・ドル安の今は物件購入のチャンス】
アメリカと中国の貿易摩擦の激化を懸念する動きにより、為替市場では8/26の朝早くに1ドルが104.45円と大きく円高が進行しました。お昼の段階で105円台まで戻っていますが、1円の為替の違いは、不動産売買では見過ごせない金額となります。

例えば40万ドルの物件の場合、104円では4,160万円、105円では4,200万円で単純に40万円の差が生じます。1ヶ月前までは108円前後だった為替が今では3円ほど円高になっています。108円では、40万ドルの物件は4,320万円ですので、104円と比較すると1ヶ月で160万円の違いが生じます。

もし、ハワイ不動産の投資をお考えの方は、為替の動向にも注目してお考えください。もちろん、円高の今が購入のタイミングです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です